病気療養中等の生徒に対する教育保障

病気療養中等の生徒に対する教育保障に関しての情報が掲載されているページへのリンクになります。

 

生徒心得

いじめ防止基本方針

本校のいじめ防止基本方針および本校の取り組みについての資料です。
 

 

年間行事予定

BYODの実施方法について

学校の部活動に係る活動方針

web運用について

ここは教育利用を目的として運営している本校のサイトで、含まれる画像・内容の転載・営業誌掲載・SNSへの二次利用等は堅く禁じます。
 

お知らせ

●学校と家庭が協力した「いじめ対応」のリーフレットです。

◯2023年度向けの学校案内です。

◯北海道警察作成の違法アップロードに関する注意喚起のリーフレットです。
 

学校の様子

学校の様子
12345
2022/10/06new

3年生 交通安全への意識高揚を図る

| by tky
 3学年では、10月4日(火)、中野自動車学校5名の指導員を講師に迎え、交通安全教室を実施しました。在学中に自動車免許取得をする生徒もいることから、これまでのただ車に乗る立場から、自ら運転する立場になるにあたって、意識の高揚を図ることが目的です。「車は急に止まれない」制御距離についてわかりやすく説明いただいたほか、生徒数名の参加型による反応体験など、充実かつ学ぶことの多い時間となりました。
 翌日10月5日(水)には、北海道交通事故被害者の会代表を講師にお招きし、交通事故で家族を亡くされた家族の経験や想いをお話いただきました。生徒はお話に真剣に耳を傾け、事後の感想文でも、交通事故の責任、家族の悲しみについてなど、心に響いた時間となったことがわかる内容のものが多く見られました。
 この2日間で交通安全への意識高揚、社会のルールを遵守し、自らを律する自己管理能力を育む良い機会になったと思います。

 
 

10:00
2022/09/26

2学年保健講演会

| by tky
 9月22日(木)、2学年では、札幌相談専門助産院あさ・代表助産師の吉 裕子様を講師にお招きして保健講演会(性教育講演会)を実施しました。
 演題は「生と性について考えよう~あなたへのメッセージ」。LGBTQ+や妊娠、避妊、性感染症等、多くの具体的なお話を通して、かけがえのない自他の生命を尊重する態度を育むことができたのではないかと思います。
 吉先生、ありがとうございました。

11:00
2022/09/22

2学年小論文講演会

| by tky
 9月21日(水)に2学年は、㈱学研教育みらいの小論文講師・川本勉氏をお招きして、小論文講演会を開催しました。
 小論文を書く心構えに始まり、小論文学習の意義を理解し、書き上げる手順について、わかりやすく説明いただきました。途中、本校生徒が夏に取り組んだ小論文の中から良かったものを取り上げ、評価のポイントを解説いただいたことは、書いた本人はもちろんのこと、多くの生徒に大きな刺激となりました。
 最後に、「今すぐ意識すること」をお話いただきましたが、1年後の進路実現に向け、毎日の授業をはじめ、できることから行動してほしいと願っています。
  
09:00
2022/09/16

2学年キャリア探究発表会

| by tky
 9月15日(木)、2学年は、これまで「総合的な探究の時間」の一環として、グループごとに取り組んできた「キャリア探究」でまとめたものについての発表会を行いました。今回の学年発表会の前に、分野別発表会を行っているので、今回発表したグループは、各分野の代表ということになります。8つのグループが発表しました。
 発表内容は、アニメ、専門学校での学び、看護師、メイク、動物に関する学び、理学療法士、ひとり親家庭・介護、ホテルと多種にわたりました。発表者は、ICT(パワーポイント等)を活用しながら、聴衆にわかりやすく説明しようと頑張っていました。
 外部講師として、学校法人稚内大谷学園・稚内大谷高等学校の平岡祥孝校長をお招きし、発表内容に対してアドバイスをいただいたばかりでなく、今後の課題への取り組み方、レポート等の作成の仕方、データによる根拠の明示、引用の際の留意点など、多くの解説をいただきました。今後の進路活動などに大いに参考となる説明を受け、大変有意義な時間となりました。

   
16:00
2022/09/16

1日防災学校(2学年)

| by tky
 今回は2学年で取り組んだ1日防災学校について紹介します。
 2学年では、9月12~14日と16日の4日間、1クラスずつ行いました。内容は、「災害時における調理」ということで、家庭科教員の指導のもと、苫小牧市から提供いただいた「備蓄用アルファ化米」を用いたカレーライスと豆入り缶詰を用いたビーンズサラダづくりに取り組みました。
 思うように水を使えない、調理器具や食器を使えない・・・そういった状況設定の中、グループ内で協力しながら調理しました。印象的だったのは、「缶切り」を初めて手にした、使ったという生徒が多かったことです。非常災害時での食事の在り方だけでなく、便利な世の中であっても、いろいろな経験をし、知識を蓄えることが大切だということも学ぶことができたのではないかと思います。
 なお、新型コロナウイルス感染症対応のため、試食は教室に戻ってから黙食しました。

   
13:00
12345

ようこそ苫西HPへ

来訪者数377442

リンク