HOME » 学校行事 » その他 » 平成26年度 前庭花壇作り

花壇作り

平成26年6月25日(水)15:30~

photo  今は花壇として利用されている前庭にある直径約5メートルの円状のコンクリートの囲いは元々は噴水(ため池)でした。 その後、土が入れられ花壇として利用していましたが、ほとんど整備が行われおらず、PTAの総務部会で花壇の手入れをしたいということで平成20年前後あたりから、 PTAと生徒会執行部の生徒による花壇整備が行われ始めました。数年前に生徒会執行部からクラス美化委員会にその活動が引き継がれて現在に至っています。
 今年もPTAの約2万円程度の予算を執行して花や肥料を購入していただき花壇整備が行われました。



photo photo

1.計画

 5月に行われたPTAの部会別役員会の総務部会の中で、例年通り前庭の花壇整備の実施が承認されました。 西高祭などで人の出入りが多くなる7月の直前の6月下旬ということでこの日の実施に至りました。
 PTA役員とPTA総務部に参加を募り、生徒は1~2学年のクラス美化委員により実施しましたが、結果的に保護者は10名、生徒は16名、教員は4名で行いました。 直径5メートルの花壇には十分な人数が揃い、作業は放課後15時半スタートです。

2.デザイン決め

photo  作業当日の午前中に届いたお花。例年、行き当たりばったりで決めていた花の配置デザインも購入した花の種類とカラーを前日に聞いて教員の担当者がデザインを考えました。 やや本数が少なく、デザイン決定は当日午前中まで苦慮したもののなんとか形になり、限られた本数とカラーを生かして1本の無駄もなくデザインを考案しました。

3.雑草取り

photo  昨年の今の時期以来、手つかずの花壇は緑の雑草が青々と生い茂っており、これを取り除く作業から始めました。熊手やスコップで上部の草を掻きとり、 土をほろってゴミ袋に捨てる作業を人海戦術で行いました。

4.肥料撒き

photo  雑草を取り除き、茶色の土が顔をだしたら、次は肥料撒き。購入していただきた3種の肥料約30キロを男子生徒に土の上に撒いてもらい、スコップで土を掘り起こして軽く混ぜる作業を行いました。

5.ロープ張り

photo  配置デザインを決めるために事前に伺ったPTA役員の提案でロープを張りました。5メートルほどに切ったビニールテープを数本用意し、ガムテープで固定して、 花壇を格子状に区切ることによって花の配置の見当がつきやすくなります。

6.配置決め

photo  これが大変です。例年その場でなんとなく決めていましたが、今年はあらかじめデザインを決めていたので、その通り置いていくと理屈上は出来上がるのですが、花の本数に1本も余裕がなく、 配置する順番を確認しながらの作業で相当が時間を使ってしまいまいました。

7.花植え

photo  配置決めには時間がかかりましたが、あとの作業は早くみんががショベルを片手に穴を掘り、花についているポリポット(黒いカップ)をはずして、花を土の中にどんどん埋めていきました。

photo

8.完成

 花壇のコンクリート部についた土を水で流し、花にも水を与え、PTA役員と生徒で記念写真を撮り、後片付けをしてペットボトルのお茶が配られ、すべての作業は終了しました。
 例年1時間弱で終えている花壇作りの作業も、今年はデザインを忠実に再現しようとしたために2時間弱の時間を要して終了したのは夕方5時過ぎでした。

photo  花の本数がやや少なく、現在はデザイン通りには見えませんが、もう少し時間が経過すると、花も育ち、校舎の3~4階からは綺麗に見えるだろうと期待しています。
ご協力くださった保護者の皆さま、生徒の皆さん、ありがとうございました。



(PTA総務部 担当)

9.その後

6月25日の花壇作りから7月25日の終業式までの1か月後

photo  
クリックすると拡大します