HOME » 学校行事 » その他 » 被爆者講演会

平成25年度 被爆者講演会

日 時

10月9日(水)第3・4校時


講 師

北海道被爆者協会会長 越智 晴子 様


講 演

 第2学年の見学旅行は毎年10月や11月頃に平和学習をメインのイベントとして実施されます。
近年の見学旅行地は原爆落下の被害を受けた九州長崎への見学行程が盛り込まれることが多いのですが、過去には広島への見学旅行も行われたこともあります。
 今年も10月下旬に長崎への見学旅行があり、平和公園での平和集会が行われ、原爆資料館なども見学予定です。
 さて、本校では平和学習の事前学習として被爆を体験した方をお招きし、2年生の前で体験談を聞く機会を毎年設けています。今年は2年生だけでなく全校生徒を対象に講演会が行われました。
 今年の講演会は22歳で被爆し、現在90歳の越智様を外部講師としてお招きして、体験談を語っていただきました。実際に被爆した経験を生の声でお話いただき、原子爆弾の恐ろしさと悲惨さを改めて感じとることができたと思います。講師の先生は「戦争になりそうになったら勇気を出して反対してください」と語り講演を締めくくりました。強い説得力と現実味があり、戦争はよくないことを再確認できました。被爆体験者も高齢になり、直接お話を伺う機会も少なくなる中、貴重なお話をしていただき、生徒も真剣な態度でシーンと静まりかえって体験談に聞き入っていました。
 今年の見学旅行は10月20日から24日までの4泊5日です。長崎・京都・奈良・大阪が旅行地になります。

photo

photo

photo

photo

ページのトップへ戻る