HOME » 学校行事 » その他 » 薬物乱用防止教室

薬物乱用防止教室

薬物使用の恐ろしさとその危険性

2月3日(金)

第3・4校時
photo

 2年生を対象に苫小牧保健所から薬剤師をされている方を講師として招き「薬物使用の恐ろしさとその危険性」と題して薬物乱用防止の講演会が行われました。
最近ニュースで話題になっている脱法ハーブの話から始まり、法律的な規制のお話、歴史的な使用の背景、身体や生活に及ぼす害、中毒者の状態、脳細胞の写真やイラストなどをスライドで紹介するなど、とてもわかりやすい講演をしていただきました。 覚醒剤、大麻、ヘロイン、コカインやシンナーなど、様々な薬剤の紹介とその使用の恐ろしさや危険性を再確認することができました。

生徒の感想より

 ●薬物を乱用すると自分だけでなく、家族や友達など自分の周りにいる人に迷惑をかけることが理解できた。仮に周りの人に誘われても自分は絶対断りたいと思った。
photo ●大麻を所持していた大学生の映像は、大麻や薬物が自分たちにとってとっても身近な誘惑なんだということに改めて気づかされました。
 ●薬物乱用は人を醜い姿にしてしまうだけでなく、精神にも悪影響を及ぼすものだと改めて深く知らされました。軽い気持ちで薬物に手を伸ばして失敗してしまう人の例を見て、今後の生活にたくさん生かせるところがあると思いました。