HOME » 学校行事 » その他 » 平成23年度スケート大会

平成23年度 スケート大会

概 要

目 的

 (1) 冬季スポーツの代表であるスケートを大会を通して全員で楽しむ。
 (2) 協力して競技に参加することで、より一層クラスの団結を深める。

日 時

 平成24年3月14日(木) 8:30~

場 所

 苫小牧白鳥アリーナ

競技種目

  1. クラス全員リレー(男子12名、女子29名、計41名)
  2. 選抜対抗リレー(男子3名、女子4名、計7名)
  3. アイスホッケー(男女混合)
  4. 長靴ホッケー(女子)

当日の様子

photo  生徒は普段と違って、学校ではなく会場となる白鳥アリーナに防寒具を着込み、スケート靴を持って朝8時半に集合。クラス担任による出欠確認後にまず開会式が行われました。
校長挨拶、生徒会長挨拶のあと、体育委員長から競技上の注意事項がクラス毎に分かれてアリーナ席に座る生徒達にマイクで伝えられ、競技がスタート。
 最初の種目、クラス全員参加による「クラス全員リレー」がスタート。最大クラス人数に合わせて41人参加によるタイムレースで 体育授業を使って校内のスケートリンクで練習したスケーティング技術を存分に発揮してタイムを競いました。コースは直線でコーンを折り返して次の走者にバドンを渡すのですが、 photo生徒は走者順のゼッケンを着用しているので、自分のクラスは他クラスに勝っているのか、負けているのか一目瞭然。学年別、4クラスごとに実施しましたが、クラスの友達の たくさんの声援を受けとても盛り上がりました。
 2種目目はリンクのコースを一人一周する「選抜対抗リレー」を行いました。スケートが得意なクラス代表7名による対抗リレーで、全員リレーの直線コースとは違い、周回コースなのでよりスケート競技らしい種目で、こちらもアリーナ席に座る photoクラスの大きな声援を受け楽しむことができました。
 3種目目は「アイスホッケー」を行いました。ここ苫小牧市はアイスホッケー競技が全国的にも有名な土地柄で、部活動やクラブチームで日頃練習している生徒や小・中学校での経験者も少なくなく、 3種目は男女混合競技でしたが、男子よりも女子の活躍が目立ちました。
 最後の種目はリンク半面を使っての女子による「長靴ホッケー」です。 photo 1、2年生8クラスによるトーナメント形式で行われ試合時間は一試合あたり10分間。こちらは周りの声援よりも競技者自身の歓声が多く、選手は楽しみながら 心地よい汗をかくことができました。
 閉会式は各種目と総合順位の発表および表彰が行われ、今年のスケート大会も無事に終えることができました。すべての予定を終了して現地解散。明日からの普通授業に備え、ゆっくり体を休めることでしょう。

スケート大会

photo