HOME » 学校行事 » その他 » 避難訓練

平成23年度 避難訓練

実施日および目的

実施日:平成23年10月18日(火)第5・6校時

 健康と安全に関する意識と態度を高め、突然の災害(火災、地震等)の様々な状況を想定して訓練することにより的確な状況判断、組織的な行動、多様な状況に対応して 生徒の生命を守るための適切な誘導方法と技能、器具や機材の使用方法等を具体的な実践を通して教師・生徒が体得するように努める。

避難状況

photo

 時間13時35分、胆振太平洋沖、震度5弱の地震発生という想定で生徒には実施日時を知らせずに実施しました。 午後の授業開始15分後に地震が発生し、25分後に避難場所のグラウンドに避難を開始しました。グラウンドではクラス委員長による人員点呼や本部への避難完了報告が行われ、 校長や消防署員の講評をいただきました。
 講評では「おさない」「はしらない」「しゃべらない」「もどらない」の災害時のおはしもの話や、東日本大震災のことなどを盛り込んだお話をいただきました。 クラス代表による消火器による消火訓練を体験して避難訓練を終えました。10月中旬、ここ北海道苫小牧市は肌寒く、健康面の心配もあり、消火訓練など当初の実施予定人数を減らして実施されましたが、 今回の避難訓練を通して生徒、職員とも避難経路の確認や災害時の心構えなどを学ぶことができました。

写真


写真


写真