HOME » 学校行事 » その他 » 学年レクリェーション

2学年レクリエーション

小樽水族館・小樽運河

バス遠足

 学年レクリエーション当日、どんよりとした雲が空を覆い、遠足の天候としては100%ではないものの、週間天気予報で一時心配された雨は避けられ、予定通り8時半、生徒は学校横に停車している自分のクラスの配車のバスに集合。
 バスの中で点呼確認後、小樽に向けて出発。バス内に笑い声やはしゃぐ声が響き渡り、普段の授業と比べて生徒のテンションもやや高いようだ。今日はレクリエーションということで目をつぶることにする。高速道路の走行中、イスから立ち上がっていた生徒を一度だけ注意したが、それでメゲる生徒達ではなく、とうとう小樽到着までそのテンションを維持し続けた生徒の明るさと元気さに西高生らしさを垣間見ることができた。今日一日が無事に終わってくれることを祈っている某クラスの引率教員。このテキストとHTMLタグを車中内でpomeraに打ち込みながらレポートを続けることにする。
 9時半、高速道路の輪厚パーキングエリアで買い物禁止の5分間のトイレ休憩。バスは札樽自動車道を通って予定より10分遅れで小樽水族館に到着。

小樽水族館

 水族館入口でクラスごとの集合写真を撮影してから自由行動。海獣公園でのアザラシ・ペンギン・トドのショーに拍手をし、誰もがセイウチの大きさに驚かされる。オタリア・イルカのショーにいたっては座席が満員御礼状態。その半分は西高生が埋めつしている。オタリアのかわいらしい動きとイルカのジャンプにスタジアム中に歓声が上がる。きっといつも以上の観客の反応に飼育員のスタッフの皆さんもやりがいがあったはず。素直に驚きや感動の感情を表に出すのが西高生の良いところ。ショーが終わると集合時刻10分前でちょうどよい時間。バスで水族館をあとにする。

北一ガラス・小樽運河

 バス駐車場に予定時刻に到着。集合時間を再確認して解散。あっと言う間に生徒たちは小樽の街に吸い込まれる。散策時間は1時間45分。お昼を食べたら、散策と買い物にはややもの足りない時間設定かもしれないが、もう少しゆっくりと満喫したいと感じる程度がちょうど良い。あるものはソフトクリームを食べながら、あるものはおみやげ袋をかかえて定時にきちんとバスに戻ってくる。
 苫小牧に向けてバスは出発。さすがに少し疲れたのか行きバスの中ほど元気はない。駅やショッピングセンター前など主要箇所で途中下車の希望生徒をバスから降ろしながら学校着が16時15分。今度みんなでバスに乗るのは見学旅行。数ヶ月後はみんなで九州に行きましょう。


(文責&HTML 情報委員 齊藤)


2学年レクリエーション行程
  •  8:30 生徒集合・出発
  • 10:30 小樽水族館到着・写真撮影
  • 12:15 バス集合・出発(諸連絡・解散指導)
  • 12:30 北一ガラス・運河見学
  • 14:15 バス集合・出発
  • 16:15 学校到着解散

学年レクリエーション


写真

写真

写真

写真