パフォーマンスコンテスト

審査員講評より

 今年も学校祭を迎え、例年に負けない西高生の真面目な取り組みを目にすることかできた。その出来もその真面目さが反映し見事でであったと感じた。学校祭にかける思いは今年も1年生よりは2年生、2年生よりは3年生とその強さを感じさせられることとなった。
 パフォーマンスの審査をしながら皆の演技を間近に見ることか出来た。演技の素晴らしさもあったが、その演技の影に、各クラスが一つの方向へ向かって突き進んだまとまりと、豊富な練習量を感じさせる取り組みの素晴らしさが想像させられ、爽やかな気持らにさせられたことに感謝をしたい。
 皆のこれからの人生で幾度となく西高祭を思い返すときがくると思う。その時は今感じている悔しさや不満な成績順ではなく、皆がこの西高祭に純粋に取り組んだ清々しい青春時代の思い出として、爽やかによみがえることを約束したい。


パフォーマンスコンテスト (出演順)


 
2D


3B


1A


2A


3C


1B

1D


2B


3D


1C


2C


3A

優勝3A